SNSの向き不向きを考える総合情報サイト

>

SNSとの向き合い方を考える

人付き合いが好きな方、見識が深い方

SNS以外でも人との付き合い、交流が好きないわゆる社交的な人は基本的にSNSに向いています。
こういう人は、元々リアルな友人が多いため、SNSを始めるとまずそのリアルな友人たちと積極的にコミュニケーションをとることから始めます。
すると何気ない投稿でも、多くの「いいね」がついたり、多くの書き込みがあります。
更に、多くの「いいね」「投稿」があると、それを見た別の人が「いいね」と多くの「投稿」をしやすい、良い循環が生まれるようです。
それに従って、友達の友達が友達申請をしてくれたりして、いいねの数がどんどん加速する。
そんな、いい循環が出来ている感じがします。
こういうのは持って生まれた才能かも知れませんけど、普段及びSNS上での人付き合いのマメさも、あるのかもしれませんね。

また、とある分野で見識が深く、物事を鋭い視点で文章化出来る人がいます。
こういう人も同様にSNSに向いていると感じます。

クリエーター、物販をされている方々

音楽、アニメーション、イラスト、プログラミングなどのクリエーター、役者、芸人等でパフォーマンスをされている方々にとっては、SNSが自分の作品を多くの人に伝える良い手段になります。
特に、ライブ活動をされているミュージシャン、舞台で活動をされている役者、芸人の方は、チケット販売も重要な活動となる事が多いです。
この面でも、関心を持ってくれる友人、知人に対しての告知は良い効果が期待出来ます。
また、バンドライブ、個展、舞台情報の他、自分が関わった作品のテレビ ラジオ等のオンエアのスケジールを告知は自身からクライアント等への良いアピールになります。

また、ネット販売等で商売をされている方々にとってもSNSは非常に有効な手段になります。
新商品の告知、値引き情報、タイムセール、場合によっては友人特別割引などの告知も考えられますね。


この記事をシェアする