SNSの向き不向きを考える総合情報サイト

>

SNSに向いていない人はどんな人?

人付き合いが苦手、ひとりが好きな人

元々人付き合いが苦手、ひとりでいる時間が好きな人はSNSに向いていない人が多いように感じられます。
こういう人は、元々リアル友人が少ないところからスタートするため、SNSでの友人数も少なく書き込み等をしても中々「いいね」とかレスがつかない事が多いような気がします。
別に気にする必要はないのですが、こういう性格の人はレスの少なさから、SNSを面倒くさいと感じるようになります。
すると、あきらかにみんなに注目されるようなイベントがあったとしても、投稿がおっくうになります。
SNSに向いている人とは反対に友人の反応も鈍くなり、いわゆる過疎っている状況に陥ります。
こうなると、このまま放置状態が続く事になりますね。

但し、友達数の多い友人が、一人でも積極的に絡んでくれると状況は変わると思います。

人の評価に振り回される人

元々、友人とのコミュニケーションのために始めたSNSですが、投稿に「いいね」とコメントがつかない事を必要以上に、気にする人は、SNSに向かないと思います。
こういう人は、「いいね」やコメント数が稼げる投稿にこだわって、SNS映えするランチの写真とか派手なパーティーの写真などを投稿しまくります。
でも、そこに写っているのは本人ではなく、本人とはまったく別のSNS映えするなにかなのです。
また、落ち込んでいる時などは、SNS映えする場所に行く機会もなくなり、無理にこういう場所に出向いてもむなしさだけが残る気がします。

不調な時等は、正直に「今調子悪いけど頑張って勉強中です」的な投稿をする方が、真実の自分ですし皆の心に残ると思います。


この記事をシェアする